バイク買取おすすめ比較ランキング 最新版

バイクを高価買取してくれる優良店舗を徹底比較!

バイクの旧車や絶版車を高値で買取してもらう方法!今が絶好の売り時!?

旧車や絶版車などを売りたい方は、古いバイクの需要が高まっている今が高価買取のチャンスです。
損をせずに現金化するための売却方法や、査定前にしておくと買取価格がアップするコツなども解説しているのでチェックしてみましょう。

買取で旧車や絶版車のバイクは売れるの?

そもそも「旧車」と「絶版車」の定義は?

旧車や絶版車の定義は曖昧なため、人それぞれな所がありますが基本的に絶版車は販売が終了した絶版モデルのバイクのことを指します。

また、登場から20~25年経過しているバイクのことを旧車と呼ぶ場合が多いですが、現在でも販売が続いているバイクだと旧車とは認識されにくいです。

旧車や絶版車は既にメーカーにもパーツの在庫がないことがほとんどで、人気の現行車と比べてもレアリティはだいぶ高めと言えます。

バイクの愛好家たちの中には、現行車よりもあえて旧車や絶版車を好んで乗る人も大勢おり、現在でも古いバイクは一部でブームになっています。

不要な旧車を早く買取に出した方が良い理由

旧車は何十年も前の車体のため、当然現行車よりは故障しやすくなっています。

また、故障してしまった場合現行車のように簡単にメーカーからパーツを取り寄せて修理するというわけにはいかないため、ほとんどの場合中古パーツで補うことになるうえに、修理にかかる費用も高いです。

故障しては修理をして、を繰り返していると、場合によっては新しいバイクが買える程の金額がかかってしまうこともありえます。

また、日々の点検やメンテナンスも現行車以上に必要になるため、お金はもちろん何かと手間がかかるのです。

旧車や絶版車は維持費も高く付く傾向があるので、今後乗る予定がないバイクなら放置しておかずに買取に出して現金化した方がお得でしょう。

今は古いバイクの需要が高まっている!

昭和後期など数十年前に発売されたバイクはどの車両も個性が強く、名車と言われるバイクがたくさんあります。

当時バイクに憧れていたけど購入できなかった人たちが、旧車を探して購入するケースは珍しくありません。

当時よりも高値で取引される旧車や絶版車も多いので、もしガレージで眠らせているバイクがあるなら一度は査定を受けてみるのがおすすめです。

また、国内に限らずアメリカを始めとする海外でも日本の旧車が注目されはじめています。

昔は日本でアメリカのバイクスタイルを模した「アメリカン」が流行しましたが、今はアメリカで「日本のアメリカンスタイル」のバイクが流行っているのです。

海外需要も高まっている今、古いバイクを高値で売るのに絶好のチャンスと言えるでしょう。

旧車や絶版バイクの買取価格の相場を調査!

カワサキ

絶版バイクの中でも特に人気の高い車両のあるカワサキ。

Z系の元祖である「Z1」は初期モデルはもちろん、Z1A、Z1B、の買取価格も高めで120万~130万円程が買取価格の相場となっています。

また、完品の場合は故障や錆びが激しくても50万円は付くと言われており、かなりの高額査定が狙えるでしょう。

他にも、「Z1000Rローソンレプリカ」が150万円、「Z1000MKⅡ/マーク2」が120~140万円とカワサキの旧車の買取価格は高めです。

多くの車両が状態が良ければ100万円以上、状態が悪くても数十万円以上付くケースがほとんどとなっています。

ホンダ

存在感のあるエンジンが特徴でモンスターバイクの異名を持つ「CBX400」は当時の国内でも大人気でしたが、現在もファンは多く100~140万円程で取引されており、さらに状態がよければ200万円以上の値段が付くこともあるほどです。

「CB400Four」は60~80万円台が中心となっているほか、ホークⅡやホークⅢ、CB系もホンダの車両の中で根強い人気を誇っています。

また、ホンダの旧車は1型、2型、逆輸入車、インテグラの4つのタイプがあり、1型との混合が最も世に出回っているタイプですが、2型純正に近い車両が最も高値で売れる傾向があります。

さらに、ホンダのバイクは車体番号が最後尾の場合はかなり価値が高くなるとも言われているため、所持している方はチェックしてみましょう。

ヤマハ

現行車の人気が高いわりには、カワサキやホンダに比べるプレミアがついている旧車が少ないヤマハですが、「RD25・350・400」や「RZ250・350」「XS650」といったネイキッド系の旧車は需要が高めです。

RD250は10万円台~20万円台後半が買取価格の相場となっており、RZ250・350は20~30万円台、状態の良いバイクなら50万円程が中心となっています。

他にも、XS650シリーズは状態の良い車両だと40万円台で取引されており、それなりに使用感のあるものでも20~30万円ほどの買取価格が期待できるでしょう。

スズキ

スズキのネイキッド系の旧車の中では「GS400」や「GS750E」「GT380」「GSX400E」などの人気が高めです。

その中でも「GT380」や「GS400」「GS750E」が他よりも高値で取引されており、30~50万円程が買取価格となっています。

GSシリーズは風防やロケットカウルとの相性いいうえに、初のインカムエンジンが搭載されたこともあり当時から人気がありましたが、今は希少価値もとても高くなっており高額査定が狙えるシリーズの1つと言えるでしょう。

旧車や絶版車のバイクを損せず売る方法

オークションなら相場より高く売れる?

旧車や絶版車は価値が分からない人から見たらただの古い車両ですが、マニアの間ではお宝です。

そのため、買取業者に依頼をするよりもオークションに出品した方が高値が付くと考える方もいるでしょう。

たしかに人気のあるバイクなら高値で落札される可能性もありますが、当然誰からも落札されなかったり、相場より安値しか付かない可能性もあります。

オークションを利用するには会員費や手数料がかかるため、「売れなくてもいいからとりあえず出品してみよう」という考えはあまりおすすめできません。

また、オークションはお店を通さない個人間の取引になるため、トラブルに発展した際も自分で対処しなければならないので注意です。

特に旧車や絶版車は現行車に比べてバイクのコンディションに波があるため、落札者に引き渡した後に「エンジンがかからない」「不良品だから返金してほしい」など、不具合に関するクレームを付けられるケースも珍しくありません。

古いバイクの買取に積極的な業者を使う

どうせなら高値で売りたいけど、手数料をたくさんとられたり、個人間の取引でトラブルになるのは嫌という方は、旧車・絶版車の買取を得意とする業者に査定を依頼するのがおすすめです。

バイクを扱っている買取店や業者は全国にたくさんあるものの、どこのお店でも古いバイクを買取しているわけではありません。

お店によっては古いだけで買取NGになってしまうこともあるので、査定の予約をとる前に公式サイトなどを参考に必ず旧車も扱っているのか確認するのが大切です。

旧車や絶版車は愛好家たちからの人気は高いですが、正当な評価をしてくれる業者へ買取に出さないと本来の価値より低い値段でしか買取してもらえません。

愛車に見合った価格で買取してもらうためにも、旧車・絶版車に精通した査定士のいる業者に見てもらうようにしましょう。

一括査定の利用で手間なく高額査定!

現行車にも言えることですが、特に旧車や絶版車では査定を依頼する買取店によって大きく査定額が左右されます。

少しでもお得に売却したいなら、一店舗に絞って買取に出すのではなく、複数の買取業者に査定を依頼して買取価格を比較することが大切です。

「色々なお店にバイクを持って行くのは面倒」と思うかもしれませんが、一括査定サイトを利用すればまとめて複数の業者に査定を依頼できるうえに、自宅まで出張査定に来てもらえば店頭にバイクを持ち込む手間もかかりません。

出張査定料やキャンセル料も発生せず、オークションのように売却にあたって余計な費用がかかることもないので安心です。

また、旧車のように相場が分かりにくい車両でも、複数の業者の査定額を比較すれば簡単に相場を把握できるほか、気付かないまま不当な安値で手放してしまう心配もありません。

旧車や絶版車に強い業者もたくさん登録されているうえに、一括査定サイトは誰でも無料で利用できるので一度は利用してみましょう。

旧車・絶版車を損せず売るための3つのポイント

1.査定前に見た目を綺麗にしておく

たとえ人気のある旧車だとしても、泥や汚れが付いたままの上体で査定に出すのはあまり印象の良いものではありません。

綺麗なバイクの方が当然査定額も高くなるので、買取に出す前に洗車をするようにしましょう。

いきなりスポンジなどでごしごし擦ると砂や鉄粉などで傷が付く可能性があるので、最初は水をかけてほこりや泥を落とす所から始めましょう。

ある程度の汚れを水で落としたら、柔らかいスポンジを使って全体を磨きましょう。

足回りは特に泥やオイルが付きやすいので丁寧に洗うことをおすすめします。

バイク用のシャンプーも売っていますが、持っていないなら中性洗剤を薄めた物でも代用は可能です。

2.故障箇所があってもむやみに修理しない

旧車や絶版車となると既に不具合が出ている場合も多いかと思います。

また、何年も載っていないバイクならバッテリーが上がっている可能性が高いため、充電、もしくはバッテリー交換でエンジンがかかるようなら事前に対処しておくと良いでしょう。

ただし、バッテリー以外の原因でバイクが動かない場合は、修理に出さずそのまま査定を受けるのが賢明です。

古いバイクはパーツを入手しにくく、修理に出すと高額な費用がかかってしまいます。

買取価格以上の修理費がかかることもあるので、修理に出したり自分で直そうとはせずにまずは故障した状態で査定を受けるようにしましょう。

3.事故歴や不具合は隠さず申告

古いバイクだと必ずどこかしらに不具合が出ていると思いますが、隠し通して高価買取を狙うのはおすすめできません。

事故歴や修理歴を偽って査定を受けても、プロの査定士が見れば嘘をついていることを見抜かれてしまううえに、信頼を失って金額交渉をする際にも不利になってしまう可能性が高いです。

たとえ事故・修理歴があっても損傷部分が直してあったり、部品が交換してあれば減点対象にはならないのでそれ程心配はいりません。

また、旧車や絶版車は希少価値が高いこともあり、不具合やエンジントラブルがあっても高値が付く場合が多いため正直に申告するようにしましょう。

↑PAGE TOP