バイク買取おすすめ比較ランキング 最新版

バイクを高価買取してくれる優良店舗を徹底比較!

バイクパーツの買取にオススメのお店は?パーツごとの処分方法も解説

バイクパーツの処分に困っている人に向けて、パーツに適した処分方法やゴミ出しの仕方などをまとめました。
また、不要なパーツを現金化する方法や、パーツを買取に出す際の注意点なども紹介しているので、是非参考にしてください。

不要になったバイクパーツはどうやって処分する?

バイクのパーツはゴミとして処分できる?

バイクパーツを処分する際に、大きいサイズだし粗大ゴミとして処分すれば良いと思っている方もいると思いますが、パーツの大きさや内容によっては粗大ゴミとして処分できないこともあるので注意です。

自治体によって差はありますが、粗大ごみとして出せる不用品のサイズは、30~40cm立法とされています。

そのサイズをオーバーするパーツや、バッテリー、タイヤは回収不可とされているケースが多いため、ゴミ捨て場に放置することのないようにしてください。

処分するなら廃品回収業者に依頼

粗大ごみに当てはまらないパーツをゴミ捨て場に置いておいても不法投棄になってしまうため、適切な処分をすることが大切です。

タイヤやバッテリーなど、自治体では回収不可となっているパーツは、廃品回収業者に処分を依頼するようにしましょう。

依頼をすれば自宅まで取りに来てくれるので重い思いをしてゴミ捨て場まで運ぶ必要もありません。

ただし、廃品回収に出す場合、業者によっては数万円の処分費をとられる場合もあります。

中には、処分費を告げないままパーツをトラックに積み、後から高額な費用を請求してくれる悪質な業者もいるため、その点には十分注意するようにしてください。

バイクのパーツごとの処分方法を分かりやすく解説!

バイクには様々な素材のパーツが使用されているため、それぞれ処分方法が異なります。

まずはバイクのパーツごとにどのように処分をするのが適切なのかチェックしましょう。

金属パーツ

バイクのフレームやハンドルバー、チェーン・スプロケットなど、金属のパーツが多く使われています。

ネジやボルトといった比較的サイズの小さな部品なら資源ごみや不燃ごみとして処分できることもあるので、住んでいる地域の自治体の指示に従って処分するようにしましょう。

また、他のパーツとは異なり状態が悪くても金属は再資源化しやすいため、金属を扱う買取店に依頼するのもアリです。

プラスチックパーツ

カウルやヘッドライトカバーなどの外装は、プラスチックが使われていることが多いです。

また、バイクがスポーツタイプの物ならプラスチックパーツの量も多いでしょう。

プラスチックパーツは家庭ごみとして出すことは多くの自治体でNGとなっているため、ゴミとしての処分が難しいです。

どうしてもゴミ出ししたいなら、サイズを小さくするために細かくしてからゴミに出しましょう。

マフラー

バイクをカスタムするのが趣味な方は、ノーマルパーツのマフラーから高性能パーツの物に付け替えることもあるでしょう。

取り外したマフラーは、一般的に粗大ゴミとして出すことができるので、処分は比較的簡単です。

ただし、自治体によっては産業廃棄物扱いになり、処理場へ持ち込まなければならないケースもあるので、必ず自治体の情報をチェックしてからゴミに出すようにしましょう。

エンジンオイル

中身が空になっておりオイル缶だけが残っているようなら、缶は自治体の資源ごみの日に処分することが可能です。

また、オイル缶はガソリンスタンドやオイル購入店、バイクショップなどでも引き取ってもらえる場合が多いのでチェックしてみましょう。

また、オイル交換の際に出た古いオイルは、専用のオイルパックや新聞紙などに染み込ませて燃えるゴミに出して処分することが可能です。

ブレーキフルードや、チェーン洗浄で垂れて来たオイルも同様に処理するようにしましょう。

バッテリー

バイクのバッテリーは、自分で交換した場合古い物が残るため、処分に困っている人も多いかと思います。

バッテリーはほとんどが鉛でできており、資源としての価値も高いため、バイクショップやガソリンスタンド、金属スクラップ業者などに依頼をすれば引き取ってもらえるでしょう。

また、バッテリー専門の販売サイトでは、バッテリー交換時に無料で古いバッテリーを回収してくれる所もあるので、処分が面倒な方は交換自体をお店に依頼してしまうのもアリです。

タイヤ

バイクパーツの中でもかなり場所をとり、処分に困るタイヤ。

バイクショップなどに依頼してタイヤを交換すれば引き取ってもらえますが、自身で交換をしている方にとっては非常に厄介な存在です。

バイクのタイヤも状態が良ければ中古のタイヤショップなどで売却できる他、摩耗具合が酷いようなら廃タイヤ処理業者に依頼をするのが有効でしょう。

ただし、バイクショップでも処理業者でも、処分を依頼すると引き取り料が発生する場合があるのでその点は注意です。

バイクパーツの賢い処分方法は現金化!

不要なパーツならお金に換えるのが一番!

バイクの車両なら買取に出せても、パーツだけじゃお金にはならないと考えている人もいるかと思います。

しかし、中古のバイクパーツも買取市場での需要はあるため、思わぬ値段が付くこともありえます。

せっかくパーツを手放すなら、ただゴミとして捨ててしまうのではなく、売却してお金に換えましょう。

買取に出せば処分費を節約しつつ不用品を手放せるので、一石二鳥と言えます。

早く不要なパーツを整理したいけど、廃品回収に出してお金をとられるのは避けたいという方は、是非現金化を検討してみてください。

個人間の取引はオススメできない!?

バイクのパーツを売るとなった時、ヤフオクやメルカリなどを使っての売却を考える人もいるでしょう。

たしかに個人間の取引なら自分で設定した価格で出品できるので、自分の満足がいく値段で手放せる可能性も高くなります。

ただし、バイクパーツの価値が分かる人の目に留まるとも限らず、かなりの安値でないと購入者がそもそも現れない可能性も少なくありません。

また、取引が成立しても、会員費や販売手数料、送料などの余計な費用がかかるため、トータルで見ると手元に入って来るお金が少ないのも難点です。

他にも、中古のエンジンパーツを売却して、発送後に相手先で不具合が起こると「不良品を買わされた」「不具合が起きたので返金してほしい」など、クレームを付けられる可能があるので要注意です。

専門の買取業者に査定を依頼する

バイクパーツの現金化を考えているけど、個人間の取引でトラブルに巻き込まれるのが不安という方は、バイク専門の買取業者に依頼をすると良いでしょう。

バイクショップの中には車両に限らず、バイク用品やパーツを買取してくれる所もあります。

バイク買取比較おすすめランキングにて紹介されているバイク王やバイクワンも、パーツの買取サービスを実施しているので、お店で売却したいなら利用を検討してみましょう。

バイクを扱っているお店ならどこでもパーツの買取がOKというわけではないので、パーツの査定や買取を依頼する場合は、予めHPなどを参考に利用予定の店舗がパーツの買取もしているか確認することをオススメします。

バイクパーツの買取で損をしないためのポイント4つ

買取に出すならパーツの価値が分かるお店へ

今は総合リサイクルショップでは様々な商品を扱っているため、バイク用品やパーツでも買取対象に含まれている場合があります。

しかし、正当な評価をしてもらえるとは限らないため、買取価格にこだわるならプロの査定士がいるお店を利用するようにしましょう。

今は店舗にわざわざバイクを持ち運ばなくても自宅まで無料で査定に来てくれる業者も多いです。

近場にお店がない人や、査定を受けに行く時間がない人でも、無料出張査定を利用すれば空いている時間に買取を済ませられるので、パーツをスムーズに現金化したい人は利用を視野に入れてみましょう。

査定前にはパーツのお手入れを

バイクを売る時にも需要なことですが、汚れていたり傷だらけの物よりも、綺麗な状態の物の方が高値で売れる傾向があります。

そのため、パーツを査定に出す際も汚れや傷をできるだけ落としておくと高価買取に繋がるのです。

基本的には、傷のついているパーツはコンパウンドで磨いて綺麗にするのが鉄則ですが、磨き始める前に必ず砂埃や汚れを落とすようにしましょう。

砂などが付いた状態で研磨をすると、かえって傷を増やしてしまいます。

洗車を行うのが理想ですが、難しいようならウエスを濡らして表面を磨いてから研磨を行いましょう。

塗装面を綺麗にするのか、クリアパーツを磨くのかなど、お手入れするパーツによって適切なケミカルは異なるので、不安な方は使用に適したケミカルを調べてから利用するようにしてください。

パーツの無理な修理は行わない

故障や破損したバイクパーツを売る予定の人もいるかと思いますが、査定を受けるならできるだけ故障や破損の度合いは自分で把握しておくと良いでしょう。

「査定士が気付くまで破損や故障について黙っておこう」と考える方もいますが、査定がスムーズに進まない他、余計な減額をされてしまう可能性もあるので注意です。

また、パーツは状態が良い物程当然査定額は高くなりますが、買取価格を上げるために無理な修理をするのはNGです。

軽いお手入れをして見た目を綺麗にするのは有効ですが、知識がないのに修理をしようとして状態を悪化させるとかえって査定額は下がってしまうでしょう。

また、修理をプロに依頼すると、パーツの買取価格以上の費用がかかる恐れもあるため、自分のできる範囲のお手入れだけをして、修理などはせずに査定に出すのが懸命です。

不要になったら速やかに査定を受ける

バイクのパーツはプラスチックや金属など、素材問わずに使わずに放置しているだけならどんどん劣化してしまうものです。

劣化した状態で査定を受けても当然査定額は下がってしまうため、なるべく高値で買取してもらいたいなら、早めの査定がオススメです。

また、一般的にはバイクが売れやすくなるのは9~11月のため、夏から秋にかけて売却するのがオススメとされていますが、バイクのパーツを売るならタイミングを気にする必要はありません。

パーツは劣化する前に手放すのが一番なので、今後使用する予定のないパーツなら、できるだけ早く査定を受けるように心掛けましょう。

↑PAGE TOP