バイク買取おすすめ比較ランキング 最新版

バイクを高価買取してくれる優良店舗を徹底比較!

バイク用品の買取にオススメのお店は?高値で売る方法も解説!

バイクウェアやヘルメット、グローブなど、バイク用品が高く売れるお店はどんな所なのか解説!損をしない買取方法に加えて相場や高値で売る方法も紹介しているので是非参考にしてください。

不要になったバイクウェアやパーツはどうするのが正解?

ゴミとして処分するのは勿体ない

バイクウェアやブーツ、ヘルメット、グローブなど、不要になったバイク用品や、今後使う予定のないバイクパーツをどう処分するべきか悩んでいる人は意外と多いです。

一番てっとり早いのはゴミとして処分する方法のように思えますが、ウェアに使われている素材によってゴミの分類が異なったり、大きいパーツだと処分費がかかってしまう場合もあります。

また、ずっと大切に使ってきた物や、合わずにほとんど使わなかったバイク用品の場合、手放すのが勿体ないと思ってしまうこともあるでしょう。

処分すべきか悩んでいる人や、ゴミに出すのが面倒な方は、買取サービスでお金に換えて次のバイク用品を買う資金に充てるのはいかがでしょうか。

手放すなら買取で現金化するのがお得

バイクウェアやパーツはそれなりの値段がすることも多いため、「新品でなくても良いから少しでも安く購入したい」と考える方は少なくありません。

そのため、バイク用品やパーツは中古市場でも需要があるのです。

自分では値段が付かないように思えるジャケットやブーツ、マフラーなどでも、意外と高値が付くケースもあるため、一度は査定に出してみると良いでしょう。

ただし、価値の分からない人に査定を任せると、そもそも値段を付けてもらえない可能性もあるので、バイクに精通した査定士のいないお店を利用するのはNGです。

どのような買取方法を使うと、最もバイクをお得に手放せるのが確認していきましょう。

バイク用品の売却にオススメの買取方法は?

メルカリやヤフオクに出品するのはどうなの?

今は、PCやスマホがあれば誰でも簡単にメルカリやヤフオクなどを使って不要な物を出品することが可能です。

フリマアプリなどを使えば、自分の売りたい値段を設定して出品できるため、満足のいく値段で手放せるように思えます。

しかし、よほど需要のある物でないと購入者が現れないことも珍しく無く、意外と売却するのは大変です。

また、美品や未使用品でない場合、売買が成立した後に「写真より状態が悪かったから返却したい」「使用してすぐに不具合が出たから返金してほしい」など、購入者とトラブルに発展するケースもあります。

さらに、無事に取引が成立しても会員費や販売手数料、送料などが引かれることを考えると、意外と手元に入って来るお金は少ないのが難点です。

バイクに特化した買取店を利用するのが安心!

トラブルなくスムーズに現金化したいなら、個人売買よりお店を通して買い取ってもらうのが一番ですが、リサイクルショップのようにバイクに詳しい査定士がいない所はオススメできません。

少しでも高値で売りたいなら、バイク用品やパーツはバイク関連の買取店で売るのが一番です。

バイクに特化したお店を使えば、バイクウェアやヘルメット、マフラーなど幅広い商品をまとめて買取してくれる可能性も高くなります。

また、バイク用品の再販ルートも豊富なため、使用感が目立つ物でも値段を付けて買取してくれることが多いのです。

バイクと一緒に買取に出すのもオススメ!

バイクの買取店では、ヘルメットやマフラーなども取り扱っている場合が多いです。

もし、バイクの買取も検討しているようなら、車両とバイク用品をまとめ売りするのも良いでしょう。

バイク買取比較おすすめランキングで紹介されている、バイク王やバイクワンでも、車両と共にバイク用品の買取に力を入れています。

バイク用品やパーツの扱いについては、店舗によって異なるので、事前に買取可能かどうかHPでチェック、もしくは査定士に相談する必要がありますが、一緒に売ることで買取価格が高くなる場合もあるので要チェックです。

また、本来なら買取してもらえないようなバイク用品でも、車両と一緒に売ることで値段を付けてくれることもありえるため、バイクを売る予定の方は不要なアイテムもまとめて売却してしまいましょう。

買取に出せる主なバイク用品と相場を紹介!

バイクウェア(ジャケット)

頻繁にバイクに乗るなら、季節や天候、目的などに合わせて、いくつもバイクウェアを持っている人がほとんどでしょう。

バイクは素材によって買取価格も異なり、特に人気が高いのはレザーやナイロンのジャケットです。

また、HONDA、HARLEY DAVIDSON、KOMINE、RSタイチ、KUSHITANIといったブランドは査定額が高い傾向があります。

買取価格はブランドによって変化しますが、相場は5,000~2万円程となっており、中古でもまだまだ買取価格には期待が持てます。

レザーパンツ

レザージャケット同様に必需品といえるレザーパンツは、耐久性が高いこともあり、中古でも需要は高めです。

NANKAIとHYODなどは人気が高く、ブランドによって異なりますが安くても2,000円前後、元値が高い物や状態の良い物なら1万円以上で取引されることも少なくありません。

レザーパンツなどは、ジャケットよりもサイズが重要になるため、フリマアプリやネットオークションなどの個人売買ではなかなか売れないことが多いです。

売却する際は、バイク用品を扱う専門店に買取してもらうのが一番良いでしょう。

ヘルメットやグローブ

ヘルメットやグローブは、バイクに乗るうえで欠かせない大切なアイテムです。

状態にもよりますが、ヘルメットなら4,000~3万円程、グローブなら2,000~1万円程の買取価格が期待できるでしょう。

ハーフヘルメットは様々なタイプのヘルメットの中でもわりと安価なので、状態が悪いと値段が付かないこともありますが、フルフェイスヘルメットは3万円前後の買取価格になることもあるので、十分高額査定が期待できます。

また、前部分が開閉できるシステムヘルメットや、競技で使用されることの多いオフロードヘルメットも高値が付きやすく、3~4万円の買取価格が期待できるでしょう。

特に、SHOEIやARAIのヘルメットは人気が高く、査定額も上がりやすいです。

バイクパーツ

バイクのカスタムをする人の中には、不要になったパーツの置き場所に困っている方もいるでしょう。

バイクのパーツは元値が高いこともあって、状態によってはかなりの高額査定が狙えます。

特にマフラーは高く売れる傾向があり、綺麗な物や傷みが少ない物なら8万円程の値段が付くこともあるほどです。

他にも、バイク用のシートやブレーキ、チューニングパーツなども扱っている所は多いので、今後使用する予定のないパーツがあれば現金化してしまいましょう。

バイク用品を高値で売る3つのポイント

付属品を揃えた状態で買取へ

購入したバイク用品に付属品があるなら、一緒に買取に出すようにしましょう。

付属品がなくても査定を受けることは可能ですが、場合によっては買取価格が下がってしまうため、処分していないなら忘れずに査定に出すことが大切です。

特に、ヘルメットを売るなら正規のシールドや、ウェアのプロテクターの有無なども査定をするうえで重要になります。

また、購入時に商品が入っていた箱もあると買取価格がプラスになることがあるので、まだ保管してあるなら一緒に査定に出すと良いでしょう。

査定前のお手入れで買取金額アップ

バイク用品は、当然バイクに乗る際に屋外にて使用する物なので、汚れや虫なども付着します。

目立つ汚れがあると査定額が下がってしまうので、できるだけ綺麗にしてから査定を受けるのが高価買取のコツと言えるでしょう。

ヘルメットやプロテクターが汚れているようなら、ウエスで乾拭きしてあげると良いでしょう。

汚れが落ちにくいようなら、軽く濡らしたウエスで綺麗に汚れを拭き取ります。

また、シールドも忘れずに、ウェットティッシュなどでホコリと汚れを拭き取っておきましょう。

内装が着脱可能なヘルメットなら、中を取り外して中性洗剤などで洗うのもアリですが、分解する自信がない人は無理に分解してまでお手入れをする必要はありません。

元に戻せなくなると売却できなくなってしまうので、自分のできる範囲で綺麗にすることをオススメします。

バイクウェアは綺麗にしてから査定へ

バイクウェアは、査定の際にはメーカーに加えて、消耗具合やニオイなどをチェックされます。

レザーのバイクウェアを売るなら、ミンクオイルやブラシを使って革の状態を良くしておくことで、査定額がアップする可能性が高いです。

ミンクオイルによって汗のニオイなども改善されるため、査定前のお手入れは欠かせません。

ライディングジャケットは、洗濯機で洗うことができないので、汚れやニオイが目立つなら中性洗剤を使って手洗いをするようにしましょう。

表面の汚れが手だけでは落ちにくいようなら、台所用スポンジを使っても構いません。

洗濯後は30秒ほど脱水をしてからドライタオルで水気を拭き取り、陰干しで自然乾燥させてください。

↑PAGE TOP