バイク買取おすすめ比較ランキング 最新版

バイクを高価買取してくれる優良店舗を徹底比較!

原付もバイク買取で売れる?相場価格はどのくらいが一般的?

多くの人が疑問に思う、バイク買取で原付も買取ってもらえるのかを解説。原付を売りたい方でもバイク買取で得できるのか、相場価格はいくらになるのか、その真相に迫ります。

バイク買取で原付を売りたい場合

バイク買取店で原付は扱ってもらえるのか

50cc以下のオートマチックバイク、原付。

HONDAズーマーやYAMAHAビーノなど、手頃な価格と乗りやすさで、原付は老若男女問わず幅広い年代の人に活用されています。

バイク買取を考えている方の中には原付を買取ってほしいという方も多く、「バイク買取で原付って扱ってるの?」という疑問を持たれる方も少なくありません。

原付でも問題なく買取可能!

今現在、バイクの買取店では基本的に、原付の買取も行っています

サイトの写真や内容を見ると、中型~大型バイクの買取専門に思いがちですが、50cc以下のバイク・原付でも買取ってもらうことができますので安心してください。

もちろん、当サイトでご紹介している買取一括査定・買取店も原付の買取が可能です。

原付の買取価格はどのくらい?

状態の良いスクーターなら3万~4万円が相場に

HONDAトゥデイ、SUZUKIアドレス、YAMAHAビーノなどの原付スクーターは、新しい年式の方が価値が高くなるため、年々買取価格が下がっていきます。

特に人気の車種でなければ、買取価格は購入時の価格から1年毎に1万円ずつ下がっていくと考えておきましょう。

たとえば10万円の原付スクーターを購入した場合、翌年には9万円、5年後には5万円で買取ってもらえるというのが一般的です。

この点から考えて、走行距離5,000km以下で大きな傷や故障、サビなどがない状態の良い原付であれば、平均3~4万円ほどで売る事ができます。

実際の買取価格は2万円前後が平均

さらに、これは綺麗な状態での買取価格ですので、原付の傷の有無や故障の状態、走行距離などによって、もう少し買取価格が下がる可能性があります。

そのため、割と頻繁に乗っていた走行距離5,000km以下の原付は、平均して2万円程度で買取ってもらうことが多いようです。

原付は定価が安く、さらに流通量も多いため、中型や大型のバイクに比べるとそれほど高く売れないのが実際です。

それでも、バイク買取を利用すれば処分料を支払う必要がなく、むしろ現金化することができるので、少しでもお得に処分したい方は一度査定に出してみる事をおすすめします。

ほぼ乗っていない原付ならかなりの高額査定も!

バイクの走行距離は査定額を左右する1つの要素になっており、買ったけれどあまり乗らなかった原付は、さきほどの相場よりも高い価格で売れる事もあります。

走行距離の目安は1,000~2,000km以下のもので、目立ったサビや汚れ、傷などが無ければ、定価の半額以上の値段も期待できるのです。

人気車種や定価が高い原付では、10万円もの買取価格がつく場合もありますので、乗っていない原付は早めにバイク買取で売るのがオトクです。

原付ミッション車も高く売れる可能性アリ

HONDAモンキーやエイプ、ゴリラ、SUZUKIのGS50やバーディー、YAHAMAのYB-1 FOURといった、トランスミッションを搭載しているマニュアルの原付は、スクーターに比べて買取相場が高めに設定されています。

ミッション車に乗る方は自分流にカスタマイズする方がたくさんおり、上記の様な車種はカスタムのベースとしての需要が多いため、他の原付に比べて高く売れるのです。

原付ミッション車は現行品だけでなく、既に生産中止となってしまった車種も人気が高いため、古い原付でも一度査定に出してみましょう。

値段がつかない原付もあるって本当!?

残念ながらすべての原付に値段がつくわけではなく、走行距離が5,000kmを超えてくると、状態によっては値段をつけてもらえない場合があります。

また、距離はそれほど乗っていなくても、雨ざらしでサビついていたり、傷や凹みがかなり目立つバイクは価格を期待せずに売った方が良いでしょう。

ただし、車種によっては走行距離が長くても高く売れる原付もありますし、部品の買取として価値を見出してくれるお店もあるので、諦めずに買取査定を受けてみる事をおすすめします。

また、バイクの状態や走行距離意外に、かなり年式の古い原付や事故に遭ったバイクは、買取不可になってしまう事もあるので注意が必要です。

年式が古かったり事故で物理的なダメージが加わっていると、部品や内部の劣化が進んでしまい、査定だけでは安全に動作するかが分からないため、値段がつけにくいと言われています。

絶対に売れないという訳ではありませんから、ダメ元で無料の出張査定を依頼してみた方が良いでしょう。

もし買取不可と言われてしまったら?

買取不可になってしまったバイクも、オークションなら数千円~1万円程度で買い手がつくこともありますので、「安くても良いから売りたい」という方は廃棄の前に利用してみるのも1つの手です。

オークションは出品手数料がかかったり、個人売買のトラブルが生じることもありますので、利用するかはよく検討した方が良いでしょう。

オークションを利用しない場合は、原付を廃棄することになりますので、役所での廃車手続きと処分料(4,000~5,000円程度)の支払い、車体の処分が必要です。

原付の廃棄手続きは自分で行う事もできますが、代理で行ってくれる買取店もありますので、査定終了後にサービスの有無や料金をスタッフに確認してみましょう。

車種別にみる原付の買取相場

メーカー 車種 買取相場価格 売るポイント
ホンダ DIO ~3万円 認知度が高く愛用者も多いため、状態・走行距離重視で査定されます。
ジョルノ ~6万円 女性や学生の人気が高く、原付の中では高い値段で売れる車種です。
トゥデイ ~3万円 需要は多いですが、長く乗る方も多く、走行距離が短いほど高く売れます。
カブ ~5万円 頑丈さに定評があり、高価買取につながりやすい車種と言われています。
スクーピー ~2万円 買取価格が安めですが、年式の新しいものほど高く売れる可能性があります。
ヤマハ JOG ~4万円 通学・通勤によく利用されるため、綺麗なほど高値がつく原付です。
ビーノ ~5万円 デザイン性で選ぶ方が多いため、状態の良し悪しが査定額に大きく影響します。
VOX ~6万円 人気の車種で走行距離が長くても、高い価格が期待できる原付です。
アプリオ ~8万円 買取店によって価格差が激しい車種の1つで、しっかり比較することが重要です。
BJ ~2万円 相場は安めですが、走行距離が長くでも安定した価格がつきやすいバイクです。
スズキ レッツ ~7万円 種類・状態・距離で価格が乱高下するため、早めに売ると安心です。
アドレスV50 ~4万円 査定は年式と状態が重視されるため、不要なら早めに売るのが得策と言えます。
ZZ ~5万円 相場の上下が激しく、複数社に見積もりをしてもらった方が安心して売れます。
チョイノリ ~2万円 3,000km未満の距離なら、2万円を超える価格で売れる事もあります。
GAG ~5万円 古い原付でありながら、高価買取が期待できる代表格のバイクです。

原付の査定で評価されるのは?査定士が特に重視するポイント

1.メーカー・車種・年式などの基本情報

原付の買取価格は、中古市場の人気や需要によって変わるため、メーカーや車種は必ず確認します。

また、年式の新しいバイクはより高く売れる傾向にあるため、発売されてからどれだけ経過しているのかもチェックのポイントです。

新しい年式が発売され、モデルが古くなるほど相場価格が低下してしまうため、少しでも高く売りたい方は早めに査定を依頼しましょう。

2.走行距離

買取相場の欄でもお伝えしたように、走行距離は査定額に大きく影響する要素であるため、査定士が必ず確認している点です。

基本的に、原付は40,000km乗れれば十分と考えられているのですが、バイクの消耗具合は乗り方やメンテナンス、乗車環境などによって左右されるため、あくまでも目安として考えられます。

実際のエンジンや動作などを確認し、状態が良好なら走行距離が長くても高く売れますし、逆に走行距離が短くても状態が悪ければ安い買取価格になります。

3.外観・フレーム

中古の原付を購入する際、誰でも必ず外観の良し悪しを気にするため、傷、サビ、フレームの歪みなどは細かく見られています。

特にフレームの歪みは、転倒歴・事故歴が考えられるうえに、引き取り後のメンテナンス費用も高くつくため、減額されやすい査定ポイントです。

査定士が口頭で確認することもありますが、転倒歴や事故歴を隠そうとすると他にも未申告の不具合や問題があると捉えられてしまい、全体的な買取価格が下がってしまう可能性があります。

相手は何台ものバイクを査定しているプロですから、もし聞かれた時は隠さず、正直に伝えた方が賢明です。

4.エンジン

査定では原付のエンジンをかけ、異音や排気漏れの有無、コンディションなどを確認します。

エンジンの修理は部品の中でもかなり費用がかさむため、作動状態はより詳しく確認しており、査定が厳しいポイントです。

万が一問題が起こっている場合は、その原因を分かるところまで追求し、メンテナンスの可否も検討した上で買取価格に反映されます。

5.その他の部位

上記4つ以外にも、フロント周りやリア、電装・保安部品、消耗品などの査定が行われます。

もしカスタマイズしている場合には、交換前の純正部品の有無や、取り付けてあるパーツの価値なども評価対象です。

特に純正の部品はあればプラスで評価されますが、残っていなかったり交換後に売ってしまった場合は、評価が下がってしまうこともあるので注意したいところです。

原付を高く売るたった3つのコツ

査定の直前に洗車をしておく

外観が綺麗なバイクは買取査定の評価が高くなるため、出張査定の日取りの直前には、丁寧に洗車をしておきましょう。

査定の担当も人間ですから、丁寧に扱われている印象の原付は心証が良くなり、良い評価を得やすくなります。

手放すかもしれない原付に感謝の気持ちを込めて、細部まで綺麗に整えて、査定の日を迎えましょう。

査定スタッフに嘘はつかない

バイクは状態が良いほど高く売れるため、事故歴や転倒歴、傷、不具合などを隠して査定を受ける方もいます。

しかし、査定の段階で隠し事がバレてしまうと、査定士に「まだ何か隠しているのではないか」「買取った後に不具合が出るかもしれない」と疑念を抱かせてしまい、結果的に金額が下がってしまうことがほとんどです。

自分からあえて伝える必要はありませんが、聞かれたときには素直に答え、ありのままの状態を伝えるようにしましょう。

複数の買取業者に査定を依頼する

原付は定価が安いバイクも多いため、査定額が数千円違うだけでも大きな影響を感じます。

少しでも高く売りたい方は、1社だけで決めてしまわず、必ず複数の業者に査定してもらいましょう。

バイク買取店はお店ごとに得意・不得意が異なりますし、在庫状況や地域などによっても価格が変わるため、どのお店でも同額で売れる訳ではありません。

一括査定なら、原付の情報を入力するだけで概算額が比較でき、簡単に業者を絞り込むことが出来るので、ぜひ活用して高く売れるお店と出会ってください。

信頼できるバイク高価買取店に売りたい!
一括査定で様々なお店の査定を知りたい!

↑PAGE TOP