バイク買取おすすめ比較ランキング 最新版

バイクを高価買取してくれる優良店舗を徹底比較!

バイク・原付の一括査定って本当に良いの?人気の理由&落とし穴を解説!

バイク・原付の買取を利用した方の中で、特に人気のサービスが「一括査定」です。
直接バイク買取店を利用したり、ネットオークションを使うのと一体何が違うのか、メリット・デメリットをまとめてご紹介します。

バイク・原付の売却方法1.ネットオークションに出品

売れた時の満足度が高いのは魅力的

ネットオークションは幅広い年代の方が利用しており、MM総研の調査では20歳以上の利用率は38%にのぼるという結果になっています。

原付やバイクをネットオークションに出品して売却する人も多くいますが、何といっても自分で売値を設定できるのがメリットです。

希望価格で取引するので、買取店の査定額より高い値段を設定することも可能で、売れた時の経済的な満足度が高くなっています。

バイクや原付のような大型品でも、全国各地の人に売る事ができ、地域が現適されないのも魅力と言えます。

出品の手間が意外と大変

自分の愛車をネットオークションに出品するためには、掲載登録を自分で行わなければなりません。

売りたいバイク・原付を綺麗に洗車したあとは、写真撮影・登録を行い、車検証や点検記録などを見ながらバイクの情報や状態、傷や不具合の有無、転倒・修理歴等の説明を記入します。

バイクを1台出品するのに1時間以上、洗車や撮影などの準備も入れたら3時間以上かかる方も多く、かなり手間感が否めません。

しかも、出品した後はユーザーからの質問対応もしなければなりませんし、バイクは現車確認を求める場合も多いので、かなり対応力と時間が求められます。

もちろん、売却するには名義変更や再登録等の手続きも必要になり、書類の準備を行う量力がかかるうえに、自分の個人情報を相手に渡す不安も生じます。

相場を把握しないとなかなか売れない事も

ネットオークションは、希望の価格を設定できるからといって、必ずその値段で売れるという保証はありません。

オークションの購入者は、少しでも安く入手したいという気持ちでサービスを利用していますから、価値が値段に見合わなければ当然買い手はつかないのです。

逆に、自分の希望額が本来の価値より低いこともあり、実際は希望額よりもっと高い値段で売れるケースもあります。

そのため、落札価格を決める時は、取引が終了した出品のうち、同じ車種のバイクや原付を売った人がどの程度の状態で、いくらに設定して売却できたのかを調査・分析することが必要です。

売りたい原付やバイクの相場を把握しておかないと、出品が無駄手間になってしまい、いつまでも売れ残ってしまう事もよくあります。

手数料が差し引かれるのも難点

ネットオークションは無料で出品できるものの、利用する際はさまざまな手数料が差し引かれます。

たとえば、出品手数料や決済手数料、入金されたお金の振込手数料などがあり、さらに利用するシステムによっては有料会員登録が必要です。

また、送料を出品者・購入者のどちらが負担するかという点もあり、出品者が負担するケースでは届け先までの運送料もかかります。

バイクや原付は、車種や状態によっては数万円~数十万円で売れることもあるので、さほど大きな支出には感じない部分もありますが、地味にお金が差し引かれていくのは痛いところです。

何よりも顧客とのトラブルに要注意!

警察や消費者センターが注意喚起をしているように、ネットオークションのような個人売買はトラブルが多いため、利用時は注意が必要です。

バイクの購入者から、「説明文の状態と違うので、お金を返してほしい」「記載のない不具合があったので、損害賠償を請求する」と連絡が入り、困って弁護士に相談するケースも少なくありません。

よく出品説明に記載されている「ノークレームノーリターン」というのは、実は法的な拘束力は一切ないので、購入者からトラブルや問題の連絡が入った場合、対応しなければならないのが現状です。

しかも、購入者がバイクの名義変更や再登録の手続きをする際、自分の個人情報の書かれた書類を渡さなければならないので、これを相手が悪用するリスクも拭えません。

バイク・原付の売却方法2.買取店に直接申し込む

気になる業者だけに依頼可能!無駄な連絡がない

バイクの買取店は全国各地にたくさんあり、個人店から大手買取店までその種類は様々です。

自分が利用したいお店に1店舗ずつ連絡をすれば、必要な店舗にだけ連絡をすれば良いので、無駄なやり取りが発生することはありません。

特に、日中忙しくしている方は買取店からの連絡が煩わしく感じる事もあり、必要最低限で良いという点は魅力に感じるところです。

もちろん、査定額の比較をするために、複数の買取店へ依頼する事もできます。

利用する買取店を選ぶのが大変

バイクや原付を買取っているお店は、それぞれに得意・不得意があるので、自分の愛車がどこのお店でも同じ価格で買取ってもらえる訳ではありません。

さらに、どこの買取店なら自分のバイクが高く売れるのか、ネット上の情報だけでは判断できないため、お店を絞り込むのが困難です。

大手だから高く売れるとは限りませんので、少しでも高く売りたい方は事業規模を問わず、幅広くお店を探す必要があります。

バイク買取店によっては対象地域が限られているケースもあるので、自分の住まいに対応しているお店でないと利用はできません。

利用するお店を選ぶといっても、数多くの買取店から取捨選択をしなければならず、利用店を厳選するだけでもかなり時間を要してしまいます。

査定の金額はやや低めの傾向に

バイクや原付を売る際、買取店1つずつに申し込みをする場合、お店側は比較されない(または比較する他社が少ない)と考えます。

そのため、ある程度安い金額でも買取れる可能性があると考え、査定の金額は相場よりも低めになることがほとんどです。

もちろん、実車査定の後に最初から最高額を提示するわけではありませんので、交渉する余地はあります。

ただし、競合が多くないことを前提に考えると、お店は少しでもリスクを減らして契約したいと考えますので、値上げ幅はそれほど高くならないのが現実です。

「多少でもお金になれば良い」「金額より人柄や対応で選びたい」という方は、買取額が高くなくても構いませんが、少しでも高く売りたい場合はデメリットと言えるでしょう。

バイク・原付の売却方法3.一括査定を利用する

バイク買取の一括査定サービスとは?

バイク買取の一括査定は、ネットから1度申し込みをすると、複数の業者に事前査定や実車査定を依頼することのできるサービスです。

メーカー、車種、排気量、年式などを入力したデータがバイク買取店へ送られ、登録している各買取店がいくらで買取れるかの概算を出してくれるので、バイクの概算額が簡単に比較できます。

バイク買取の利用者は、「自分の愛車がいくらで売れるのか」という点が一番気になるところですが、一括査定のサービスを利用すれば、査定概算額を元に実際にバイクの実車査定を受ける業者を絞り込む事ができるので、全国の買取店から最も高い査定額のお店に依頼することができる仕組みです。

また、このバイク買取の一括査定は全て無料で利用できるため、事前査定・実車査定・買取などすべての過程で費用が発生することは一切ありません。

無駄なお金をかけずに、簡単に愛車の査定が行えるという便利さも、人気を集めている理由の1つです。

バイク買取店を探す手間がない

バイクの買取を行っている業者は、日本全国にあり、実際に自分で買取店を選ぶとなると業者数が膨大すぎて、非常に手間がかかります。

一括査定では、47都道府県にあるバイク買取店を対象に取り扱っており、平均50~60社以上、多いところで100社以上のバイク買取店が参加しています。

これだけ多くのバイク買取店の中からバイクの査定額を比較するのは、個人ではなかなかできませんから、簡単かつ効率的に愛車の査定額を調べることができるシステムです。

また「バイク買取悪徳業者にご用心!」でも書いた通り、バイク買取業界には残念ながら、買取利用者を陥れようとする悪い業者が存在しているのも事実です。

しかし、一括査定の業者登録には厳しい審査が設けられており、参加する際には必ずその基準をクリアしなければなりません。

そのため、一括査定に参加しているバイク買取業者は、全国的にも「優良」と言える業者ですので、トラブル等の心配なく安心して利用することができます。

比較が前提のサービスだから、より高く売れる!

利用者が一括査定から申し込みをすると、そのバイクを買いたい業者が名乗りを上げ、事前査定の金額を提示してから実車査定の調整をする流れになります。

この際、事前査定をしてくれる業者数は窓口によって多少異なりますが、大体5~10社程度が一般的です。

つまり、登録している買取店からしてみれば、競合他社が4~9社いることを前提にしていますので、自社を選んでバイクや原付を売ってもらえるかどうかが勝負どころになっています。

そのため、買取店に直接申し込みをした時に比べて、お店の競争心をあおる事ができ、結果的に高価買取につながりやすくなるのです。

もちろん、各買取店にも予算がありますので、買取価格を吊り上げ続ける事はできませんが、実車査定時の交渉では一括査定を利用していた方が有利に働きます。

一度にまとめての連絡が煩わしい人も・・・

一括査定は、一度の申し込みで複数の買取店にアプローチできるのがメリットですが、申し込み後の連絡は各店から直接電話やメールが届きます。

つまり、5~10社に対して何らかのやり取りを行わなければならないので、この点の煩雑さは拭えません。

基本的に、一括査定の申し込みを受けた買取店は、24時間以内に顧客に連絡をしなければならない規定になっていますので、複数社の連絡がまとめて届くことになります。

当然のことながら、買取店と連絡を取らないことには実車査定の日程調整ができませんので、少なからず何社かと連絡を取るのは1店舗ずつ申し込んでも同じ事です。

比較対象が少なくなってでも、連絡の頻度を減らしたいという場合は、手間でも1店舗ずつ近所の買取店を確認し、必要なだけ申し込みをする方が良いでしょう。

信頼できるバイク高価買取店に売りたい!
一括査定で様々なお店の査定を知りたい!

↑PAGE TOP