バイク買取おすすめ比較ランキング 最新版

バイクを高価買取してくれる優良店舗を徹底比較!

事故車のバイクも買取に出せる?処分するなら売って現金化するのがお得!

事故車や不動車など、乗れなくなったバイクを処分するなら、廃車してしまう前に、まずは買取に出して現金化を試みるのがオススメです。
事故車や故障車の処分方法や、故障していても値段が付きやすいバイクの特徴などを紹介しているので一読してみてください。

どんなバイクが事故車にあてはまる?

事故車

事故車とは、その名の通り事故に関わったバイク全般を指す言葉です。

交通事故で動かなくなってしまったバイクはもちろん、人身、物損、自損などの事故を起こしたバイクも事故車として扱われます。

ただし、事故車としての明確な定義は決められていないため、軽度の事故でほとんどバイクに影響がなかった場合は、事故車としては扱われないケースも多いです。

事故が軽ければ、カウルの破損やハンドルの変形程度で済みますが、当たり所が悪ければフレームが歪んだり、ボディが傷付いてしまうこともあるでしょう。

目に見えてダメージが分かる状態のバイクは当然事故車ですが、修理をしたバイクでも事故車であることに変わりはありません。

問題なく動くバイクでも、修理歴があると事故車としてマイナス査定になってしまうこともあるため、売却の際は事故車の買取に強いお店を利用するのがオススメです。

不動車

不動車は、衝突や転倒、事故などに関係なく、長期間放置していたことによって動かなくなったバイクのことを指します。

エンジン内部やサスペンションなどの可動部分が固着してしまったり、各パーツの腐食によって走行できなくなったものが不動車にあたるため、単にバッテリーが上がってしまっただけのバイクは不動車にはなりません。

不動車の場合、走行できなくても外観は比較的綺麗な状態で、破損なども無いケースが多いため、事故車よりも買取価格の相場は高めである傾向があります。

また、簡単な修理で再び走行できるようになることもあるので、商品として買い取ってもらえる可能性は高いでしょう。

故障車

故障車は、車両のトラブルで動かなくなったバイクのことで、長期間による放置や事故が原因ではなく、エンジンの消耗などによって走行できなくなった車両を指します。

また、走行自体は可能でも、走るうえで不便があるバイクも故障車に当てはまります。

目視だけでは故障原因を判断するのは難しいですが、レギュレーターやオルターネーター、イグナイターなどの電装トラブルが原因であることが多いです。

バイクを修理するにはお金がかかるため、故障してしまったバイクは修理に出さずに手放そうと考える人も少なくありません。

故障車も、修理さえできればまだ価値があるので買取してもらえる可能性が高い他、新車種や人気車種であれば高価買取してもらえることもあるので、一度は査定に出してみると良いでしょう。

事故車や故障車のバイクはどうやって処分する?

ディーラーに引き渡す

事故車や故障車の処分をする際に、ディーラーへ引き取ってもらおうと考える方もいるでしょう。

たしかに、ディーラーにとって需要のあるバイクであれば、状態が悪いとしてもいくらかの値段を付けてもらえる可能性はあります。

しかし、値段が付けられないと判断されてしまった場合は、廃車をする流れになり、ディーラーには廃車代行をしてもらうことになるでしょう。

廃車の費用は25,000円程が相場のため、廃車代行をしてもらった際も同等の料金を請求されると考えるのが懸命です。

最初からディーラーに廃車を依頼すると、たとえ値段が付けられるバイクでも買取の形にはならず、廃車費用を請求されてしまいます。

まずは、下取りや買取希望の旨を伝えて、相手がバイクをどう評価するかチェックした方が良いでしょう。

産廃業者に引き取ってもらう

以前よりは、見かけることは少なくなりましたが、地域によっては未だに産廃業者が廃棄物の回収をしているのを町中で目にする方もいるでしょう。

産廃業者は、不用品を回収して、運送費用や処分料を請求して利益をあげることを目的としており、バイクの引き取りも行っています。

バイクは鉄やステンレスとして売ることができるので、場合によっては換金してもらえる可能性もありますが、費用がかかることがほとんどのため、引き取ってもらう側に金銭的な利益が発生することはあまり無いです。

また、産廃業者を見つけたり、相談を持ち掛けるのが面倒だと思う方には、適した処分方法とは言えません。

処分目的だけでなく、できれば換金したいという方は、買取に出すことをオススメします。

バイクの買取業者に買い取ってもらう

ディーラーに、廃車代行をお願いしたり、産廃業者に引き取ってもらう場合、少なからず費用がかかるので、お金をかけずにバイクを処分したい方には不便です。

無料でバイクを処分したい、もしくは現金化したい、と考える方には、バイクの買取業者の利用がオススメです。

バイクの買取業者の中には、事故車や不動車、故障車の買取に強い所もあるため、思わぬ値段で買取してもらえる場合があります。

査定を受けるのは無料なので、自分では売り物にならないと思える事故車でも、試しに査定に出してみると良いでしょう。

また、たとえ値段を付けるのが無理でも、0円で廃車してくれるサービスもあるため、利用者はお金をかけることなく不要になったバイクを処分することができます。

ただし、業者によっては事故車の買取が苦手な所もあるので、事前にHPなどを参考に、事故車や不動車を積極的に買い取っている業者なのかチェックしておくのが懸命です。

買取で値段を付けてもらえる事故車や故障車の特徴

再販できる可能性のあるバイク

たとえ事故車や不動車でも、修理して再販できるようなら商品としての価値はあります。

買取業者も、廃車してしまうより、小売りや業者オークションに出した方がメリットがあると思えるバイクなら、値段を付けて引き取ってくれるでしょう。

また、屋内で保管されていたバイクなど、走行できなくても良い状態で保管されていた車両は売り物になりやすい傾向があります。

基本的に、錆や劣化が少ない車両は、修理に出して再販されることが多いため、状態さえ良ければ買い取ってもらえる可能性は高いです。

また、素人目では判断できなくても、査定士から見れば商品としての価値がある場合もあるので、積極的に査定を受けましょう。

パーツとしての価値があるバイク

バイク会社の中には、買取したパーツや用品を、自社で再販したり、会社独自の流通経路によって売却している所もあります。

たとえバイクとして再販することができなくても、使われているパーツに価値があれば値段が付くことは十分にありえるでしょう。

傷や摩耗がなく、高価なパーツが使用されていれば、バイクパーツとして引き取ってくれる可能性は高いです。

カスタムバイクの場合は、純正パーツもまとめて査定に出すことで買取価格がアップしやすくなるので、買取の際は事故車と一緒に忘れずに査定に出すと良いでしょう。

高価なパーツを使っているバイクを売る場合や、バイクとしての価値がないほど車両の状態が悪くなっている場合には、パーツを積極的に買取しているお店を探して利用するのも手です。

どこが故障しているか明確なバイク

同じ事故車や故障車でも、どこが壊れているのか明確なバイクと不明なバイクでは、価値が大きく変わります。

買取に出す際も、故障部分の修理を見積もったうえで査定額を算出するため、壊れている部分が明確なバイクほど買取やすいのです。

どこが故障しているか分からないバイクを買い取ると、買取後に新たな修理箇所が発見される可能性があるので、業者側にとってもリスキーです。

また、再販するにも不安材料が多いため、値段を付けて買い取るのが難しくなってしまいます。

自分で故障個所を把握している場合は、変に隠したりはせず、正直に申告することでスムーズな買取が期待できるでしょう。

放置されていた期間が短いバイク

たとえ事故車や不動車でなくても、長い間放置されていたバイクはどんどんと劣化し、走行に支障をきたすようになります。

長期間放置すると、劣化が進んでいき、タンクやフロントフォークが錆びついてくるため、走行も難しくなるうえに査定額も下がっていきます。

しかし、放置されていた期間が短ければ、再び走行できるようになる可能性が高いため、査定額の相場も長期間放置されたバイクに比べて高めです。

もう乗らないことが分かっているバイクなら、車庫や倉庫で保管しておくのではなく、すぐに査定に出した方が良いでしょう。

「処分に出すとお金がかかるから嫌」という方も、状態が悪くなってからでは引き取り手が見つからないため、早めに買取に出すのがオススメです。

状態が悪くても、無料で引き取ってもらえる場合もあるので、放置はせずにまずは査定士や業者のスタッフに相談することから始めましょう。

信頼できるバイク高価買取店に売りたい!
一括査定で様々なお店の査定を知りたい!

↑PAGE TOP