バイク買取おすすめ比較ランキング 最新版

バイクを高価買取してくれる優良店舗を徹底比較!

ローン中のバイクを売る!売却の方法や必要な手続きを紹介!

ローンの残債があるバイクを売るための手続きや、ローンの一括返済の流れなどをまとめました。
ローンを残したままバイクを売る方法も紹介しているので、ローンのあるバイクの処分に困っている方は、是非参考にしてみてください。

ローンの残ったバイクでも売却は可能?

ローンがあっても売却方法によっては売れる

ローンの返済が済んでいないバイクだと、そもそも買取で査定対象にならないと考える方もいますが、利用する買取業者によっては問題なくバイクを売却することが可能です。

ただし、基本的にはローンを残したままバイクを売ることはできないので、残りのローンを一括で返済したり、まとめての支払いが難しいようならローンの借り換えをする必要があります。

また、バイクの所有権が自分にあるのか、販売店や信販会社にあるのかによって、違った手続きが必要になるので、買取に出す前に所有権について確認しておくことが大切です。

買取業者を利用してバイクを売却する時に限らず、個人売買でバイクを売る際にも、残ったローンは返済しておかなければなりません。

ローンの残債があるバイクを売る場合、初めに所有権を確認し、ローンをどのように返済するのか決めることになります。

まずはバイクの所有権が誰にあるかを確認

ローンで購入したバイクの所有権が誰にあるのかは、書類で確認することができます。

125cc以下のバイクなら「標識交付証明書」、125cc超え250cc以下のバイクなら「軽自動車届出済証」、250cc超えのバイクなら「車検証」に記載があるので、目を通してみましょう。

バイクをローンで購入した場合、販売店や信販会社の名義になっている場合もあるので、必ずしもバイクが自分名義になっているとは限りません。

このように、ローンを組んだことで所有権が自分以外の名義になっていることを「所有権留保」と言います。

本人名義のバイクを売るなら、残りのローンは月々返済することに変わりはありませんが、ローンを組んでいないバイクのように、自分の意思で簡単に買取に出すことが可能です。

しかし、所有権留保になっているバイクを売るには色々な手続きが必要になるため、自分名義のバイクを売るよりは手間がかかります。

所有権留保になっているバイクは売れない?

自分名義ではなく、所有権留保になっているバイクは、そもそもローンを完済しないと名義変更ができないため、第三者に売ることはできません。

所有権留保の目的は、ローンを残したままバイクを他人に売却・譲渡させないことなので、まずはローンを全て払って所有権留保を解除することになります。

所有権留保のバイクを売りたいなら、返済を終えて名義変更を可能にしてもらうか、ローンの支払いが終わるまでバイクの買取を見送るかの二択が通常です。

「ローンを一括返済するお金がないからバイクを買取に出せない」と頭を悩ませる方もいるかと思いますが、買取業者によってはローンを相殺してくれたり、借り換えをすることでバイクの買取を可能にしてくれる所もあります。

ローンの残ったバイクは個人と業者のどちらで売るべき?

友人にバイクを売るなど、特別な理由がない限りは、バイクの買取業者を利用して売却するのがオススメです。

個人でバイクを売る場合、買取金額とローンを相殺するのが難しい他、当然ローンの借り換えもできません。

そのため、ローンを完全に払い終えるまでは、個人でバイクを売ることはできないのです。

すぐにバイクを手放したい方や、現金化したい方はバイク専門の業者へ買取に出すのが懸命でしょう。

また、ローンが残ったバイクを売るためにはいくつかの手続きが必要になりますが、業者によっては手続きを無料で代行してくれるため手間がかかりません。

バイクの手続きに自信が無い方や、手放すまでの手間をなるべく省きたい方は、買取業者を利用して、スタッフに相談してみると良いでしょう。

ローンのあるバイクを買取に出す方法

バイクのローンを買取金額と相殺

ローンを一括返済できる資金があるなら、返済を済ませた後にバイクを売るのが有効ですが、資金が現在手元にない場合は、買取業者を使って買取金額と残債を相殺してもらうという手もあります。

もしバイクの買取価格が30万円で、残りのローンが10万円だとすると、前払いで10万円を受け取り、バイクの残債を一括返済し、名義変更をして売却した後に残りの20万円を受け取ることが可能です。

このように、買取金額からローンを差し引いた金額だけを渡してくれる業者も少なくないので、たとえ手元に返済できるお金がなくてもバイクを売ることはできます。

万が一査定額よりもローンの残債が多かったとしても、不足分を現金で用意すればバイクの売却はできるので、残りのローンの金額や、バイクの査定額によっては相殺することもオススメです。

バイクのローンの借り換えをする

大手のバイクショップや買取業者などでは、ローンを完済していないバイクを売却したい方には、ローンの借り換えを提案している所もあります。

買取業者の提携しているローン会社へ借り換えをすることで、バイクの所有権を買取業者に移すことが可能です。

業者からは、バイクの買取金額を受け取って、残りのローンは通常通り買取業者に返済していく仕組みになっています。

買取金額で相殺できる見込みがないけれど、バイクを早めに手放したい方などには便利な方法と言えるでしょう。

ただし、注意したいのが、過度な滞納歴などがあって、ローンを組めない人は借り換えを行うことはできません。

バイクローンの借り換えは、売却時点でローンが組める状態の人だけ利用を視野に入れるようにしましょう。

残りのローンを一括返済する

バイクは、名義人の所有権を解除することで、初めて第三者に売却することができます。

そのため、最も手っ取り早いのは、ローンを全て返済してしまい、バイクを売る方法です。

買取金額と相殺してもらったり、ローンの借り換えを利用するのも手ですが、どこの買取業者でもローンのフォローを行っているわけではありません。

また、ローンの借り換えをする場合は、手数料がかかることもあり、余計な費用が発生する可能性もあるので気を付けてください。

バイクを手放す前に、ローンを返済できる余裕があるなら、完済してしまうのも有効でしょう。

完済すれば、ローンの借り換えなどで余計な手数料を取られることもない他、ローンを繰り上げて返済するので不要になった金利の分だけ本来の残債より負担が減るのもメリットです。

残りのローンの金額や手元にある資金と相談して、一括返済するか、相殺や借り換えを使うかを検討してください。

どうやってローンの一括清算をする?

ローンの残債一括清算金額の確認方法は?

ローンを一括返済する時に注意したいのは、残債一括清算金額=ローンの残債金額では無いという点です。

金利の差額がでるため、自分で月々の返済額と完済予定時期で計算したりせず、問い合わせをして一括返済の正確な金額を確認する必要があります。

ローンを清算する月によって精算額が変わるので、返済できる見込みが明確な場合は、クレジット会社に伝えるようにしてください。

ローンの問い合わせでは、自分の情報はもちろん、バイクの情報も聞かれるので、ナンバープレートや車体の番号がすぐに分かるように、車検証や免許証を用意した状態で窓口に電話をすると良いでしょう。

また、FAXで車検証や運転免許証のコピーを送るように言われる場合もあるので、スムーズに対応できるようにしておくのが懸命です。

バイクローンの一括清算の流れ

自分でおおよその一括清算金額を計算して、アポイントなしで返済するのは危険なので、くれぐれも手順を踏んで清算するようにしてください。

バイクローンの一括清算金額について問い合わせをすると、口頭で教えてもらうのではなく、手続きに必要な書類が送付されるため、案内に従って「残債一括返済照会依頼書」を提出します。

FAXや郵送で照会依頼書を提出したら、回答が来るので、正確な残債を確認しましょう。

一般的には、指定された期日までに支払いを終えれば、自宅に名義変更書が送付されます。

また、ローンを完済したら、自分が利用していたクレジット会社や金融機関に申請をして、「完済証明書」を発行してもらいましょう。

所有権を解除するうえで、ローンの完済証明書は必要になりますが、完済と同時に自動的に発行されるものでは無いので、自分から問い合わせを行うようにしてください。

信頼できるバイク高価買取店に売りたい!
一括査定で様々なお店の査定を知りたい!

↑PAGE TOP