バイク買取おすすめ比較ランキング 最新版

バイクを高価買取してくれる優良店舗を徹底比較!

原付やバイクの処分費用は?無料で処分を依頼することは可能?

原付やバイクの処分を検討中の方は要チェック!バイクの処分方法や、処分にかかる費用を詳しく解説しています。
また、処分費を浮かせる方法や手間をかけずに現金化する方法についても触れているので一読してみましょう。

バイクの処分方法はどんなものがある?

粗大ごみとして処分する

バイクは自治体の粗大ゴミ回収サービスじゃ処分できないと思っている方は多いですが、実は50cc以下の原付バイクなら粗大ゴミとして処分することも可能です。

廃品回収業者などに依頼するよりもコストを抑えられるので、あまり余計な費用をかけたくない人にも便利でしょう。

また、廃品回収業者に依頼するとなると、悪質な業者に注意する必要がありますが、自治体のスタッフなら比較的に信頼がおけます。

自宅の前まで回収しに来てもらえるので、バイクが不動車でも問題なく処分できるのもポイントでしょう。

ただし、処分したいと思った当日に手放すことはできない他、自治体によって回収してくれるかどうかは異なるため、自治体のHPなどを参考に事前にバイクの取扱いについて確認しておくのが懸命です。

二輪車リサイクルシステムを利用する

「二輪車リサイクルシステム」は、二輪車リサイクルの普及を促進するためのシステムで、乗らなくなったバイクを無料でリユース、適正処理、再資源化してもらうことが可能です。

処分手数料を取られるケースも稀にあるため、事前の確認が必要になりますが、基本的には無料で処分を依頼できる他、愛車が資源として再利用されるため、無駄なく手放したい人には便利なシステムと言えます。

ただし、二輪車リサイクルシステムは全ての原付・バイクに適用されるわけではないうえに、実施場所を調べて自分でバイクを持って行く必要があるので注意です。

また、色々と手続きも行わなければならないため、忙しい人には少々不便な処分方法となっています。

再資源化できるのは魅力的ですが、初めて利用する場合はサービスの利用前にある程度勉強しておく必要があるので、急ぎの方にはオススメできないのが現状です。

バイクが必要な人に譲る

所有しているバイクがまだ使えるようであれば、処分せずに他人に譲るのもアリです。

身近に移動手段を探している友人や知り合いがいないか探してみるのも良いでしょう。

譲渡できるかどうかは、バイクの状態にもよりますが、処分せずに譲れば資源の無駄にならないのがポイントです。

もし身近に原付やバイクに乗る人がいない場合は、SNSや掲示板を使ってバイクの引き取り手を探すことも可能です。

ただし、バイクを引き渡した後に車両が故障してクレームを付けられたり、トラブルに発展するケースもあるため、知らない相手との取引には十分な注意が必要になります。

特に、壊れかけのバイクや走行距離が大きいバイクを譲る場合は、今は走行可能でも、譲った後にバイクが不調になることもあり得るので気を付けましょう。

バイクの処分費用はどのくらいかかるの?

バイクを解体処分する場合

バイクを処分する場合、主に解体処分をすることになりますが、依頼した業者やバイクの状態によって処分費用は異なります。

多くの業者では、1~2万円程で処分を請け負っているため、それを目安に解体処分に出すかどうかを決めると良いでしょう。

ただし、バイクの回収業者の中には悪徳な所もあり、バイクをトラックに積み込んだ後に高額な処分料を請求される、といったケースもあります。

バイクの処分を回収業者などに依頼する際は、必ず積み込み前にいくら費用がかかるか確認してから処分してもらうようにしてください。

バイクを廃車処分する場合

バイクを廃車する場合、ただ処分すれば良いわけではなく、廃車手続きを行う必要があります。

廃車手続きが完了していないバイクは、廃車状態にはならないため、解体処分に出すこともできません。

車に比べるとバイクの廃車手続きは比較的容易ですが、車両の排気量によって手続きの方法が異なるため確認しておきましょう。

まず、排気量が125cc以下のバイクなら市役所、125cc以上なら陸運局で手続きを行います。

さらに、排気量によって手続きの際に持参・記入する書類が異なるため、その点も注意です。

自分で手続きを行えば無料ですが、業者に依頼をした場合は5,000円程かかります。

125㏄以下のバイクを廃車する時に必要な物

  • ナンバープレート
  • 標識交付証明書
  • 印鑑

125㏄以上のバイクを廃車する時に必要な書類

  • 軽自動車届出済証
  • 軽自動車届出済証返納届
  • 軽自動車届出済変納証明書交付請求書
  • 印鑑

251㏄以上のバイクを廃車する時に必要な書類

  • 車検証
  • 抹消登録申請書
  • 手数料納付書
  • 軽自動車税申告書
  • 印鑑

バイクを買取業者に依頼して処分する場合

リサイクル業者を利用したり、廃品回収業者に依頼をしてバイクを処分してもらうことも可能ですが、どれも少なからず費用や手間がかかるのが難点です。

できるだけコストを抑えてバイクを処分したいなら買取サービスを利用することも検討してみましょう。

「買取業者に処分を依頼していいの?」「愛車が売り物になると思えない」といった考えを持つ人もいると思いますが、実はバイクを処分する目的で買取業者を利用する人は多いのです。

バイクによっては手数料完全無料でバイクを処分してもらうこともできるため、費用を浮かせたい人にはピッタリの処分方法と言えるでしょう。

費用をかけずに原付やバイクを処分するなら買取へ!

回収業者に処分依頼をするのはもったいない!?

バイクの費用にかかる内訳は分かりにくく、業者によっては相場よりも多めに請求される場合もあります。

悪徳業者につかまってしまうと5万円近くの処分費をとられる他、一般的な業者に依頼をしても1万円はかかってしまいます。

二輪車リサイクルシステムが利用できる車両なら、無料で処分できる場合もありますが、どうせ手放すなら現金化したいと考える人がほとんどでしょう。

最初から処分目的で業者を探すのではなく、愛車にも値段が付くかどうか、買取業者の査定を受けることから始めるのがオススメです。

買取なら処分費用を浮かせることができる!

買取業者にバイクの処分を依頼した場合、まずはバイクに値段が付けられないか査定を行います。

この時点でバイクに少しでも値段が付くようなら、無料で処分出来るだけでなく、買取代金を受け取ることが可能です。

万が一1円も値段が付かなかったとしても、買取業者は無料で処分を請け負ってくれる所が多いため、本来処分費用としてかかるはずだった数万円を浮かせることができます。

最初から廃車目的であることを伝えると、車両に値段が付く場合でも無料で引き取られてしまうこともあるためその点は注意です。

あくまで買取目的で査定を受けに来たというていで、バイクを見てもらうようにしましょう。

買取が成立して現金化できることも

原付・バイクは解体をするとエンジンやホイール、タイヤなど様々なパーツに分かれます。

それぞれのパーツは状態が悪くなければ再利用することができるため、車両がいくら古かったり見た目が悪くても、十分パーツとしての価値があるのです。

たとえ本来のパーツとしての役目を果たせなくても、鉄くずとして売却することも可能なため、古いバイクや事故車・不動車でも全く価値がないということはほとんどありません。

また、故障個所を修理すれば再び走行できる状態のバイクなら、バイクとして買取してもらえるため、想像以上の値段が付くケースもあります。

事故車や不動車でも「査定に出したら値段が付いた」ということは少なくないので、どうせ値段が付かないからと自分で判断せずに、一度は査定を受けてみるようにしましょう。

原付・バイクの処分に関する疑問を解消!

結局買取での処分はどんな人にオススメ?

処分業者を利用する場合、どんなにバイクが良い状態だとしても、処分料は発生します。

できるだけ処分費用を抑えたい人は、買取業者のサービスを利用して現金化・もしくは無料引取してもらうのが懸命でしょう。

また、二輪リサイクルシステムを使うにしても、自分で実施している場所を見つけて車両を持ち込まないといけない他、手続きが面倒なため時間に余裕がない人にはオススメできません。

一方で、買取サービスなら店舗へバイクを持ち込む以外に、自宅まで出張査定に来てもらうことも可能なうえに、査定は10分程で完了するのでそれ程手間もかからないのです。

出張査定は無料で自宅や職場までバイクを見に来てもらえるため、忙しいけどなるべく早くバイクを処分したい人にはピッタリのサービスと言えるでしょう。

難しい手続きが苦手な人でもバイクの処分はできる?

バイクを処分する際には廃車手続きが必要ですが、排気量によって手続きする場所や必要な書類が異なるため、手続きを億劫に感じる方もいるでしょう。

お金を払って業者に手続きを依頼する方法もありますが、バイクの買取サービスを依頼する場合、手続きを全て無料で代行してくれるケースも多いです。

バイクの買取に不慣れな人でも問題なくバイクを手放せるように、廃車手続きや名義変更などをサポートしてくれるお店は少なくありません。

そのため、廃車や処分の手続きが不安なようなら、買取サービスを利用してスタッフに手続きを行ってもらうのもアリです。

処分を依頼する買取業者はどうやって選ぶ?

買取業者にバイクの処分を依頼しようと思っても、近場にバイクショップがなかったり、どの業者を使うべきか分からず迷ってしまう方がほとんどでしょう。

当然ながら、査定を依頼する買取業者によってバイクの買取価格は変化するため、正直な所一度査定を受けてみないとどの業者が一番高値で買い取りしてくれるのかを知ることはできません。

もし、できるだけ高値を付けてくれる業者にバイクの処分をお願いしたいなら、一括査定サービスを使って業者ごとの買取価格を比較するのがオススメです。

一括査定は複数の業者にまとめて査定の依頼ができる他、業者同士の競合によって買取価格が上がりやすくなるため、手間をかけずに高価買取を狙いたい人には便利なサービスとなっています。

一括査定は誰でも無料で利用することができるため、「どうせなら高く売りたい」という方は、バイク買取一括査定比較で紹介されている業者を参考にチェックしてみましょう。

↑PAGE TOP