バイク買取おすすめ比較ランキング 最新版

バイクを高価買取してくれる優良店舗を徹底比較!

バイクの査定基準は?どこを見ている?

バイクを買取に出したとき、どのようなところを査定士が見ているのか気になりますよね。査定基準やチェックされる部分を確認してみましょう。

バイクの査定基準と流れ

バイクの査定は減点方式

いざ愛車を査定に出すとなると、どのような基準で行われるのかが気になるところだと思います。

基本的に査定はどこの業者でも、減点方式で行われます。

点数は10点満点で、9~10点が新車、6~8点が新古車、5点以下が中古車に付けられる点数となっています。

経験豊富な査定士がエンジンや外装、部品、タイヤなどのあらゆる部分を念入りにチェックし査定をしますが、どのくらい大切に扱ってきたかどうかが査定の鍵となるようです。

外装、サスペンションのチェック

査定員はまず、バイクのサスペンションと外装を注視します。このとき部品や車体にサビや劣化、へこみなどあった場合は減点対象になります。

改造箇所と純正パーツの有無が大切

また改造箇所があるかどうかも重要な査定ポイントで、このときに純正品を付けていない場合には大きく減点されてしまいます。

もし純正品を取り付けてなくても、所有・保管してあるかどうかが重要になりますので、お手持ちでしたら査定士に渡しましょう。

転倒歴があるかどうかを確認

実は、この転倒歴が買取査定で一番重要な部分となります。

バイクは転びやすいものですから、転倒したことがないという人はごく少数です。

バイクの転倒は事故扱い!?

しかしバイクで転倒するということは車でいう事故と同じような扱いになります。

転倒歴のあるバイクの傷などは目に見えますが、エンジンのような内部パーツの損傷は目に見えません。

転倒歴のあるバイクは価格が安くなる

その為、万が一、何か内部に破損や損傷があったら困るのでバイク買取店側も転倒歴を持つバイクは価格を安くつけます。

もちろん、転倒した際に車体のフレームが変形していたり、フロントフォークやハンドルストッパーなどが歪んでしまっていた場合には大きく評価が下がってしまいます。

走行距離、エンジンなどを確認して終了

ブレーキのディスクを触って走行距離を確認し、さらにエンジンのかかり具合など見て、最後に足回りのチェックまで終われば査定終了となります。

整備されているバイクほど有利

値段が高くつくかどうかは、年式やバイクの種類なども関わってくるのですが、きちんと整備されているのかも重要なポイントとなります。

日々のメンテナンスをしっかり行うことが高額査定への一番の近道となりますので、日ごろから自分の愛車を大事に扱ってあげましょう。

信頼できるバイク高価買取店に売りたい!
一括査定で様々なお店の査定を知りたい!

↑PAGE TOP